ウィーン舞踏会普及協会公式ブログ

人生の物語は自分の力で作る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウィーンの舞踏会

さて今回はウィーンの舞踏会に参加した時の流れを説明します。


(1)夕方

ウィーンの舞踏会はだいたい夜の9時ぐらいに始まり、早朝5時(途中帰宅OK)まで開催されています。

夕食は舞踏会参加前にホテルなどで済ますのが一般的です。

またウィーンの舞踏会は会場に更衣室が無いのでホテルで着替えてから行きます。




(2)出発

パートナーと待ち合わせする方はホテルのロビーで、ここからは男性にエスコートされて舞踏会へ向かいます。


wb_1.jpg


(3)会場到着 

王宮の舞踏会の入り口は新王宮の左側の近くにあります。


wb_2.jpg


(4)受付・クローク

チケットを見せて入場したら、クロークに向かいコートを預けます。

クロークは有料で現金しか使えません。


wb_3.jpg


(5)会場へ

階段を上り舞踏会会場へ、そこはもう燕尾服やタキシードの男性とドレスの女性でいっぱいです。


wb_4.jpg


(6)メインホール

メインホールに到着してもまだダンスはできません。

事前に座席を予約した方は席の場所を確認して、会場全体を探索して始まるのを待ちます。

またデビュタントのオープニングを近くで見たい方は、メインホールで場所取りをします。


wb_5.jpg


(7)舞踏会オープニング

舞踏会のオープニングはデビュタント達の入場から始まり、華麗なウィンナワルツの披露へ続きます。


wb_6.jpg


(8)アレスヴァルツァー

参加者が一斉に踊り始め舞踏会が始まります。

そしてこの後は自由行動、ダンスを楽しむのも、食事を楽しむのも、会話を楽しむのも各自のペースで行います。

会場内で飲食が出来ますが有料で現金のみです。

また事前に座席を予約していない方は立ち飲み立ち食いになります。

座席は飲食用にも使いますが、会場内に自由に座れる椅子がないので、休憩用に座りたい方は事前に予約することをお勧めします。


wb_7.jpg


(9)別会場の様子

ダンスフロアーは2~3箇所、飲食が出来るフロアーは各所に分散しています。


wb_8.jpg


(10)カドリーユ

だいたい深夜12時頃と2時頃にカドリーユと呼ばれるフォークダンスがメインフロアであります。

とても楽しいダンスなので踊りたい方は時間になるちょっと前にメインフロアへ行き準備をします。

またこのダンスは4人1組で踊るので誰か相手を見つけなければいけません。

ジェスチャーでOKなので踊る相手を探しながら列に加わります。


wb_9.jpg


(11)そろそろ帰宅

深夜のカドリーユが終わると帰宅する人が増え、ダンスフロアーが空いてくるので、ワルツなどをたくさん踊りたい人はこの時間がお勧めです。

帰宅時間は自由ですが、楽しいので最後まで残っている人も結構います。




(12)ホテル到着

舞踏会は終了です。


ウィーン舞踏会普及協会




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/03(火) 00:00:00|
  2. ウィーンの舞踏会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。